二重整形

よく考えて自分に合った方法を見つけよう

見つめる女性

奥二重な私は綺麗な二重に憧れて色々リサーチしました。二重になるための手術方法は2つあります。まずメスを使わず医療用の糸でまぶたの内側を留める埋没法と、メスを使った切開法です。両方にはもちろんメリットデメリットがあります。埋没法のメリットはまずメスを使わないという手軽さ、短時間で終わります。糸で留めるだけなので傷も腫れも小さく済みます。よってダウンタイムがかなり短いです。また切開法に比べて低価格で手術を受けることができます。デメリットは、糸で留めるだけなので半永久的という保証がないこと。まぶたが分厚い方や脂肪が多い方はもしかしたら取れてしまう可能性があるということです。
切開法のメリットは半永久的に二重のラインを残すことができます。デメリットは文字通り皮膚を切るのでダウンタイムが長いこと。腫れは数週間続くので、仕事や学校があるとなかなかできません。もちろん、カミングアウトしてれば別ですが、なかなか言えないですよね。また、万が一自分の好みのラインでなかった時にやり直しがききません。
以上のことを調べてみましたが、自分のまぶたの状態と予算と周りの環境でどの方法にするか、専門家とのカウンセリングで選択していきたいと思います。様々な美容外科があるので、二重にしたい!という気持ちが先走らないように病院選びも慎重にしたいと思います。

TOPICKS

RECENT POSTS

2017年03月21日
美容整形外科での二重の切開手術法を更新しました。
2017年03月21日
美容整形外科での埋没手術を更新しました。
2017年03月21日
気になる二重整形の種類とはを更新しました。
2017年03月21日
よく考えて自分に合った方法を見つけようを更新しました。