二重整形

気になる二重整形の種類とは

女性

二重整形には大きく分けて二種類の方法があります。まずは、メスを使わずに二重にする、いわゆるプチ整形と言われている「埋没法」という手術法があります。こちらは、手術用の糸を使用して、希望の二重のラインを作り出すように整形する手術法です。「瞼板」という瞼の裏側の部分か、「挙筋」という瞼を持ち上げる筋肉の部分のどちらかに糸を結びつけて二重にします。埋没法の手術費用は高くなく、また手術後のダウンタイムが少ないというメリットがあります。しかし、永続的な二重の効果は得られません。瞼を切らずに、手軽に二重手術を受けたいという方にピッタリな手術法です。
次に、メスを使用した「切開法」という手術法があります。瞼の皮膚を切って縫い合わせることで、しっかりとした二重のラインを作り出し、永続的な二重にする手術法です。切開法には、「部分切開」と「全切開」の二種類があります。部分切開は全切開と比較すると、メスを入れる範囲が狭いのでダウンタイムが少ないですが、埋没法よりは長く、手術後2週間ほどは赤みや腫れがあり、おさまるまでに数ケ月かかります。全切開は、厚ぼったい一重瞼の方がでもくっきりとした二重瞼にすることが出来ます。

TOPICKS

RECENT POSTS

2017年03月21日
美容整形外科での二重の切開手術法を更新しました。
2017年03月21日
美容整形外科での埋没手術を更新しました。
2017年03月21日
気になる二重整形の種類とはを更新しました。
2017年03月21日
よく考えて自分に合った方法を見つけようを更新しました。